2006年01月02日

リプレイ流通

プレイヤー側が生成できるコンテンツの中で、現状のデザインのゲームでも生成できるものが「リプレイ動画」「スクリーンショット」の類である。

よく出来たアクションゲームでは、上手いプレイヤーのリプレイ動画は大きな価値があるのだ。
また、自分の傑作プレイや、笑えるプレイを他人に見せたいという需要もある。

これをはやくプレイヤーに開放して、手軽に流通できるシステムを作って欲しい。
ゲーム個々でやるのはあほらしい。
たとえばXBOX360なら、駆動できるスレッドがひとつあいてたら、360のOS側で手軽に圧縮・保存・配信が行えるような仕組みを作って欲しいものだ。


とりあえずはサービスで、どう収益するかというモデルは無い。
んだが、たとえば格闘ゲームの大会決勝戦のリプレイなんていろんなやつがみたがる(大会がちゃんと盛り上がればな!)だろうし、大勢のヤツがみたがるなら、当然、そこには価値が出てくる。
posted by yocc at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。